高額なウィッグを購入しても、薄毛の進行が止まらなければ、髪はどんどん薄くなります。

女性のための育毛サイトです。

シャンプーの前後にすると、髪に良いことって?

ヘアケアで重要なポイントになるのはシャンプーなのですが、シャンプー前も大切です。

マッサージやブラッシングなど、なるべく髪に良いことを知って、できることからどんどん取り入れて行きたいですよね。 まず、シャンプー前のブラッシングなのですが、スタイリングの時と違い、下から上に向かってとかします。 地肌に当たっても痛くないブラシを使うことはポイントです。 頭頂部にむかって、襟足やこめかみなどからとかし上げていきましょう。

この際に、椿油や馬油、もしくは頭皮専用のクリームがある人は、地肌に少量伸ばしてマッサージしても良いですね。 シャンプーをする際には、シャンプー液をそのまま地肌につけることはせず、一度手にとってかるく泡が立つようになじませて髪につけると良いです。 美容師さんのような、髪のプロでも人によっていい方は様々ですが、台所用洗剤のような洗剤にシリコンなどを混ぜているような商品があるという人もいます。 確かに、せっけん系のシャンプーもあるくらいですから、泡立ちの良い合成成分の多い洗剤に例えとしてはありうるかもしれません。

しかし、現代の私達が石鹸のみで髪を洗ったり、お湯のみになることは難しいものです。

なるべくなら香りの良い商品ですっきりと洗いたい気持ちがありますよね。

どんなシャンプーを使っても、地肌を洗うということに変わりはありません。 爪を立てずに、指の腹を使ってマッサージするように優しく洗うことも大切です。 すすぐ時も、地肌を意識してすすぐとよりすっきりとすすげるのではないでしょうか。 べたつきはすすぎとともに弱まりますが、髪だけではなく地肌のシャンプーの残り具合を意識すると、今までより丁寧にすすげると思います。

人によってよく洗えていない場所の癖があったり、習慣的にあまり洗えていなかったりすすぎが弱いポイントがあるかもしれません。 時々、頭部を右側・左側などブロックで意識してしっかりそれぞれのブロックを洗ったりすすいだりするように気持ちを持ってみることも良いと思います。 仕上げのリンスやトリートメントですが、これらは毛先を中心につけて、地肌につけないものです。 ノンシリコンシャンプーを出しているメーカーは、コンディショナーやトリートメントとのライン使いを勧めますが、それは、コンディショナーやトリートメントにシリコンを配合してサラツヤになるから推奨している側面があります。 毛穴をふさぐことがあると言われるシリコンなので、配合されているものを使うなら頭皮つかないようにすることで、頭皮の健康を損なわず髪を整えることができます。